住 む

 

長期滞在する場合はホテル住まいよりアパートか家を借りた方が安くつきます

 

交 通

 

南北は鉄道、東西はバスと移動に便利な宜蘭

 

買い物

 

日本から持ってこなかったものや日用生活用品、食料品など、買い物に役に立つ情報を載せました

 

医 療

 

宜蘭には近代的な総合病院が二つありますので、ロングステイ中の健康についても安心です

 

 

住 む

 

  初めて台湾にロングステイする人にとって、家探しは大変かもしれません。 町には不動産屋が数多くあるのでお店の人に相談するのがよいでしょう。 宜蘭では敷金一か月、礼金一か月が一般的です。 宜蘭市に比べて羅東のほうが家賃は安めです。 周りの環境や、交通の便を考えて家を探すのがよいでしょう。 学校、時々爆竹が鳴り渡る廟や夜中でも貨物車が通る鉄道の近くは静かに休みたい人にとっては避けた方が良いかもしれません。

 

家

  友人のつてに頼って見つけたのが3LDKで平屋建てのこの家です。 所は宜蘭県の三星郷。羅東から車で20分程の山裾の街です。

 

  三星は太平山から流れ出る豊富な水と豊かな土地によって、農業が盛んな所です。 特に葱、梨や正月の飾りに使う猫柳等で、台湾では名の知れ渡った所です。 また、蛍の里としても有名です

  家の近くには安農渓(発電所があるので電火渓とも呼ばれている)があり、夏場でも肌に心地よい涼しい風が吹いてくれます。

 

 

家2  窓がたくさんあるので風通しはなかなかです。 床はタイル張りなので掃除が簡単。 シンプルなリビングルームには壁掛けテレビがあり、チャンネル数も100チャンネル以上(もっとも主に観るのはNHKやCNN等)あります。 それと地元のニュースが漢字の字幕付で放送されていますので、言葉に慣れていない私でも漢字を読むことによって何とか理解できます。

 

家3

ダイニングルーム

家4書斎

             

  トイレは日本と違い、シャワールームに有ります。 残念ながらお湯船は有りません。 以前、礁渓に住んでいた時は温泉が出る湯船が付いていました。 礁渓のアパートは温泉は無料でしたが、水道を使うと水道料金を払わなければなりませんでした。 車で10分くらいの所には野渓温泉、清水地熱が有ります。

 

家5

寝室のバスルーム

家6

ゲストのバスルーム

 

  この家の水は山からの水を濾過機で処理したものです。ですから、水道代は掛りません。

家7

湧水を利用したミニプール

 

家8

左の駐輪場の屋根の下にミニプールがあります

 

  天気が良い日には満天の星空に天の川が横たわっているのを見ることができます。

 

宜蘭の気候についてはこちらをご覧ください。

 

  ちなみに、三星はその昔、叭哩沙(パリサ)と呼ばれていました。 これは原住民が住んでいたころの呼び名「叭哩沙喃」(Pressinowan)から来たものです。 1920年に当時の域内に有った最高峰の三星山(海抜2352m)の名をとって三星と改名されました。

 

 下の写真は直ぐ近くの山の様子です。

 

交 通

 

  宜蘭をベースに台湾各地で活躍されている日系会社の社長さんから「中古ですが宜しければ」と、譲ってい車ただいた愛車、Pugeout 305XT。 住んでいる街は宜蘭でも結構田舎でバスはほぼ一時間おきしかなく、更に家からはバス停まで徒歩で10分程掛るので、本当に助かっています。

 

  台湾では日本の免許証で乗れるようになりました。(詳しくはこちらのホームページへ)

 

  台湾で売っている車はとても高く、トヨタの同じ車種でも外車並みの値段がします。 とはいっても、台湾では日本車は外車ですが・・・。※ ガソリン代はレギュラー(95)が1リッター 34元位です。車検代は500元位で日本とは比較にならないほど安いです。 日本と同じく、強制保険制度がありますが、日本と勝手の違う台湾で車を運転するならフルカバーの任意保険に入っておいた方がいいでしょう。

 

ガソリンスタンド

95無鉛汽油が日本のレギュラーガソリン相当

 

  なお、シートベルトは後部座席に座る人も着用しなければなりません。 小児にはチャイルドシートも必要です。 飲酒運転の罰則は厳しいです。

 

  近場までの移動には空気が美味しく起伏が少ないので、維持費や駐車場自転車で悩む事が無い自転車が一番。 ここ数年台湾では自転車ブームになっており、この付近でもサイクリング車をよく見かけます。 折りたたみ自転車なら、バスは今一ですが電車は袋に入れればいつでも乗ることができます。(一部の特急を除く)

 

  前輪サスペンション付きのアルミ製折りたたみ自転車をこちらで調達しました。サイドミラー、前照ライト、後方ライト、荷台、泥除け、エアーポンプ、特大サドル、ドリンクホルダー、小物入れ(レインコートを入れる)など、全部で7000元程でした。

 

 車も自転車も不得手な人も安心です。 宜蘭は南北に鉄道、東西にバス路線が走り、しかも一部は無料です。公共交通機関を上手に使えば観光地めぐりも問題ありません。詳しくはこちらのホームページをご覧ください。

 

買い物

 

市場とその周辺で生活に必要な物を買うことができます。輸入品等は下記の店で入手できます。

 

 カルフール(宜蘭) 友愛百貨店(宜蘭)

 

 カルフール(宜蘭) スーパー・ウェルカム(羅東)

 

 B&Q特力屋(羅東民生市場内),HOLA和樂家居館(羅東民生市場内)

     各地の五金※

   ※「五金」とは金物屋のことです

 

電気製品 各地の3C店

(3Cは次の頭文字から=Computer, Communications, Consumer-Electronics)

 

医 療

 

聖母病院(カトリック系)

連絡先: (03)954-4106
アドレス: 羅東鎮中正南路160号

URL www.smh.ort.tw

 

博愛病院(仏教系)

連絡先: (03)954-3131
アドレス: 宜蘭県羅東鎮南昌街83號

 

 

上記の病院で間に合わない場合は

 

台北栄民総合病院

連絡先:代表 (022)871-2121 FAX:(022)873-2131

アドレス: 台北市北投區石牌路二段201號

URL www.vghtpe.gov.tw