宜蘭の旅 イベントカレンダー地図(ビデオ)宿泊施設お土産交通機関観光119サイトマップHOME

洞の滝(猴洞坑瀑布)は「蘭陽十八景」の一つに数えられ、俗に「白石脚」と称されている礁渓郷白雲村の猴洞渓にあります。

 滝は二段からなり全部で落差25メートルほどです。併設された階段で滝の上部に行くことが出来ます。  猴洞瀑布の上の岩に立つと、はるか遠くに亀山島が眺められます。 

 170段ある階段を3分の2ほど上って所で、上段の滝が見える見晴台に出ると、滝の後ろに洞窟が見えます。

 「恋愛中の二人が猴洞の滝へと登ると必ず結ばれる」という言い伝えがありますので、恋人同士には一見の価値があるかもしれませんね。

滝へは廟の右の小道から入る

  24°50' 29.68" E 

121°46' 57.49" N

 

 

Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

Get Adobe Flash player

猴洞の滝

Hoton waterfall

交通:

台北からは北迴線電車に乗り「礁渓駅」で下車。猴洞の滝までタクシーで約10分。
台北から葛瑪蘭バスまたは首都客運で礁渓降車。國光客運濱海線の宜蘭または蘇澳行きに乗り礁渓で降車。 猴洞の滝までタクシーで約10分。

礁渓駅を出て中山路を右折、9号線に入りしばらく行くと三つ目の信号の左手に白石脚路、右が台鉄の踏み切りのです。9号線をわたり白石脚路を道なりに行くとゆるい上り坂になります。道は右にカーブしていますが突き当たりに廟があり、右の小道に入り、滝へ行きます。滝までは自転車でおよそ15分です。

 

 

 


Copyright © 2004 Karube@COM All Rights Reserved