宜蘭の旅 イベントカレンダー地図(ビデオ)宿泊施設お土産交通機関観光119サイトマップHOME

草嶺隧道公園は宜蘭県と台北県の境にあり、廃止となった鉄道トンネル(舊草嶺隧道を整備し、ここを訪れる旅行客が楽しめるようにしたものです。

 トンネルの北、福隆側入り口上部には当時の総督府鉄道部長、新元鹿之助の筆による「制天険」の字が、そして南、石城側入り口上部には「國雲飛處」の字が刻まれています。

 福隆と四城の間を結ぶ2,166mのトンネルは建設当時台湾で一番長いトンネルでした。  トンネルの両方の口付近は公園になっており、自転車を借りることも出きます。 トンネル内は涼しく夏の散歩に最適です。

 舊草嶺隧道公園内から眺める亀山島は頭が左に向いており、蘇澳から見える亀山島は頭が右に向いています。園内にはトイレが完備しており、近くに売店もあります。

 料金は無料、利用時間は午前8:30から午後5時までです。

列車の部品で作られたロボット

 

 

人気者の手漕ぎトロッコ

 

昔のトンネル(隧道)入り口

 

 

 

 

舊草嶺隧道

  (2008年9月撮影)

 

交通:

台北からは北迴線電車に乗り石城駅で下車。  福隆方向へ徒歩20分。

台北から公路客運(1811線)に乗り「隧道口」で下車。

台北西A站から公路客運(1811線)に乗り「隧道口」で下車。

羅東から公路客運(1812線)に乗り「隧道口」で下車。

宜蘭から公路客運(1740線)に乗り「隧道口」で下車。

頭城から公路客運(1737線)に乗り「隧道口」で下車。

 

GPS位置

24°59' 00.68"N 121°57' 18.88"E


大きな地図で見る

 


Copyright © 2004 Karube@COM All Rights Reserved