区温泉(碧候温泉)は南澳南渓の清流のほとりに出来た、自然の野湯です。  四区温泉の「四区」は日本統治時代、伐採林だった当地一帯の区画名称だそうです。 地域の有志によって管理されている、地元の人たちが楽しむ、超ローカルな温泉です。  週末には水遊びをしたり、川辺でバーベキューを楽しみ,温泉に入る家族客で賑わいます。

   無色無臭の温泉で、高、中、低、と温度の違う3つの湯船が作られいます。足が汚れているときは、温泉に入る前に湯船の傍にある、細長い足洗い場で足を洗ってから入浴してください。  また、温泉脇を流れる南澳北渓川に入り、温泉すぐ傍の川中の大きな岩の周りの水中の砂に足を入れると、ポカポカと足が暖かくなります。(流れが速いので子供は注意)

   小さな温泉ですから、地元の人を優先し、旅行者の人は控えめに利用しましょう。 入浴には水着が必要です。

 

野渓温泉の「四区温泉」入り口

= 温泉帰りに一口いかが? =

名物 生卵アイスクリーム!!

生卵アイスクリーム(伝道冰)

生臭くありません。生卵以外にピーナツなど、いろいろなトッピングが盛りだくさん。  お値段は40NT$。 冷凍機はなんと1945年の日本製。 日本好きなオーナーがホットに迎えてくれた、クールなアイスクリーム店です。  南澳の蘇花広路(宜蘭と花連を結ぶ)沿いに店があります。

建華冰店

宜蘭県南澳郷蘇花路二段419号

電話:03-998-1150

 

碧候(四区)温泉
(2005年6月撮影)

 

交通:

①北迴線電車で南澳駅下車、タクシーで約15分

南澳で下車、無料バスに乗り候碧で降車。徒歩約40分

 

 

 GPS位置

   24°29' 57.32"N 121°46' 05.25"E


大きな地図で見る