宜蘭の旅 イベントカレンダー地図(ビデオ)宿泊施設お土産交通機関観光119サイトマップHOME

水地熱(石門渓)は川床から熱い温泉と蒸気が吹き出ている地元人気のスポットです。大同郷清水村南側の清水渓の谷間にあり、地下から豊富な温泉が勢いよく湧き出ています。週末には家族連れで訪れ、網に卵や鶏肉、芋などをる入れて煮えたぎる温泉につけ、料理してピクニックを楽しむ風景が見られます。もくもくと立ち上る白い湯気と遠くに広がる緑の山々のコントラストがとても美しく、素朴な田舎の風景画を目の当たりにして、深い感動を覚えずにはいられません。上流向かって右の山裾にも野湯があります( 24°36'49.87"N 121°38'3.93"E)

   地熱が出ているすぐそばを流れる清水渓の清流を上ると、ひっそりとした雰囲気の石門渓谷があります。清水渓谷に沿って山奥へと歩みを進めていくと、川を挟むようにして自然の美しい景色が広がり、むきだしの岸壁、透明度の高い沢。まさにこの世のオアシスのようです。

  羅東から向かう途中の天送埤交差点傍には、宜蘭県名物の「味珍香ト肉店」が有り、ちょっと立ち寄って舌鼓を打つことが出来ます。

 (アルカリ性炭酸泉 / 湯温 95度 / PH 9.8)

ご注意:清水地熱の管理人は「自然」です。川の中州にある温泉は雨が降れば増水によって行けなるかもしれません。また、川下にある大人二人がやっと入れる露天風呂のプチ温泉も消滅するかもしれません。トイレは簡易トイレしかありません。ゴミ箱も無いのでゴミは自分の責任で持ち帰ってください。

清水地熱は地元の人たちの楽しみの場です。どうぞそれを理解し、尊重し、休日や週末の利用は避けるなど良いマナーで利用していただくことを望みます。

地熱温泉公園 

24°36'42.78"N 121°38'10.81"E

2011・10現在 台風の被害で閉鎖中

 

 

 

 

 

 

 

清水地熱

交通:

北迴線電車に乗り羅東駅下車、タクシー利用

台北から葛瑪蘭バスまたは首都客運で羅東で降車。國光客運濱海線の宜蘭または蘇澳行きに乗り羅東で降車。タクシー利用

 

他の野渓温泉: 梵梵温泉  四区温泉

 

 

GPS位置

 

24°36'45.35"N 121°38'3.96"E


大きな地図で見る

 


Copyright © 2004 Karube@COM All Rights Reserved