星、チョッぴりロマンティックな響きを持つこの地区を訪れると、季節によっては金色に輝く金柑の木や、一面のねぎ畑、のどかな田園風景とその合間を流れ、宜蘭平野を潤す小川を見ることが出来ます。 ここから、台湾全土に猫柳が出荷されています。

   また、梨や桃の産地でもあり、道端で採れたての、新鮮なこれらの果物や、野菜を売る屋台の姿は、この地区の特色でもあります。軍隊では☆三つ(三星)は将軍の位、そこで、この地の梨は「将軍梨」とも呼ばれています。

 

   

宜蘭発、羅東経由の太平山行バス停がある天送埤交差点角には、「ト肉」の専門レストラン「味珍香ト肉店」があり、台北からわざわざここの「ト肉」(ボバ)と酸辣湯(サンラータン)を食べに来る人もいます。レストランの共同経営者の姉妹はともに大の日本通です。  レストランの近くには、今は廃線となった太平山森林鉄道が通り、当時の天送埤駅が保存されています。

 

 

旧太平山森林鉄道で使用された※ターンテーブル(左) 天送埤駅(右)が保存されています

 

ターンテーブルは手で回わすことができました  この他にも色々あります ※車両を載せて方向転換させる装置

 

ターンテープ位置  24°39' 45.56"N 121°37' 14.45"E

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三星の風景

 

 交通:

台北から北廻電車に乗って羅東で下車。タクシーまたは羅東駅前出口を出て約50m先のバス停から三星もしくは天送埤行きに乗る。
台北から葛瑪蘭バスまたは首都客運に乗り羅東で下車。タクシー利用。

台北からは國光客運バスの羅東方面行きに乗り國光客運羅東バスターミナル下車。三星もしくは天送埤行きに乗り換え。

1792, 1794

 

 

 GPS位置(天送埤駅)

   24°39' 45.02"N 121°37' 11.06"E



大きな地図で見る