宜蘭の旅 イベントカレンダー地図(ビデオ)宿泊施設お土産交通機関観光119サイトマップHOME

馬古道は台北県烏来郷から宜蘭県頭城鎮、礁渓郷の境まで延びる、淡蘭古道の支線の一つです。 礁渓頭城の猴洞坑渓谷に沿って下ると北宜公路の石牌站付近に出ます。そこから下り坂が五旗峰風景区まで続いています。全長約7kmで、そのうち3kmは国有林内に位置しているハイキングルートです。

跑馬古道はかつて清朝末期に、台北と蘭陽地区を結ぶ主要連絡路として重宝され、淡蘭便道とも呼ばれました。また、第二次世界大戦時や日本統治時代には、日本軍がよく馬車で火薬を運んだり、馬で巡回したりしたため「陸軍路」「跑馬路」「馬車路」などとも呼ばれました。北宜公道の開通後は「上車頭路」と改称されましたが、現在も「跑馬古道」の名でハイカーに親しまれています。

 

石牌側入り口

 

礁渓側入り口

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

跑馬古道

 

交通:

北迴線電車に乗り礁溪駅下車、五峰路を徒歩約3㌔、礁渓側入り口に着く。

台北から宜蘭、羅東行き國光客運バスに乗り北宜公路石牌バス停降車

 

礁渓駅から台湾好行礁渓線のバスに乗って「跑馬古道」で、降車

GPS位置

石牌側入り口(北口) 

24°51' 53.50" N 121°46' 30.20" E

 

礁渓側入り口(南口)

24°49' 37.50" N 121°45' 46.10" E


大きな地図で見る

 


Copyright © 2004 Karube@COM All Rights Reserved