澳神社は、現在の東澳キリスト教会の前の空き地辺りにあったそうです。当時は現在の東澳派出所の辺りに鳥居があり、派出所の裏には当時植えられた楠木が大きく枝を拡げていました。

 第二次世界大戦末期に宜蘭飛行場から飛び立った戦闘機が一機、神社の前に広がる東澳の浜辺に不時着した際には、村の住民総出で砂浜から飛行機を移動し、木の枝で隠したそうです。

 

 

 

派出所裏の境内跡に今もそびえたつ楠木

24°31' 10.60" N 121°49' 54.09"E

 

       東澳キリスト教会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東澳神社跡
写真の派出所両端に境内に植えられた楠木が見えます

 

 

 交通:

台北からは北迴線電車に乗り「東澳駅」で下車。蘇花公路を蘇澳方面へ徒歩10分で派出所。派出所から山方面に7分で東澳キリスト教会。
 

 

  GPS位置  神社跡(空き地)

   24°31' 18.51" N 121°49' 52.87" E


大きな地図で見る