宜蘭の旅 イベントカレンダー地図(ビデオ)宿泊施設お土産交通機関観光119サイトマップHOME

台山は蘇澳鎮中山路の白米の橋の橋のたもとから花蓮に向かう蘇花公路(省9号線)を、約1キロメートル程上った所を右折し、しばらく行くとたどり着く、海抜約200mの山です。

 清朝時代光緒十年(1884年)に中仏戦争が勃発し、蘇澳地方の指導者「陳輝煌」は命令を受けて蘇澳を守る為、蘇澳湾を見下ろすこの山に、民衆の協力を得て大砲を備え付けました。清朝時代光緒十五年【明治二十二年-1889年】にフランス軍艦が蘇澳に来た際、迎え撃つ鄭雲泰によってここから打たれた砲弾はフランスの軍艦を撃退しました。

 日治時代には金比羅神社が建てられた所でも有ります。

 現在、山頂には砲台山公園が設置され、当時の塹壕と大砲の実物大の模型が置かれています。尚、当時の大砲は蘇澳鎮役所の資料室に保管され、見学することが出来ます。

 

蘇澳鎮公所資料館に展示されている大砲

 

 

砲台山から蘇澳大橋を望む

 

蘇澳鎮役場

24°35' 39.89"N 121°50' 31.60"E

石垣島との友好都市記念碑

 

 

砲台山

 

交通:

台北から北迴線で蘇澳新駅下車 タクシーで約5分
①宜蘭から南方澳行き國光客運バスで  蘇澳国中降車。

②台北から葛瑪蘭バスで羅東降車。無料接続バスで蘇澳へ。 台北から首都客運で羅東降車。首都客運マイクロバス路線241で蘇澳へ。タクシーで5分

 

 

GPS位置(砲台山公園)

24°35' 36.19"N 121°51' 24.12"E


大きな地図で見る 

 

 

 

 


Copyright © 2004 Karube@COM All Rights Reserved