宜蘭の旅 イベントカレンダー地図(ビデオ)宿泊施設お土産交通機関観光119サイトマップHOME
潭湖は「大陂湖」とも呼ばれています。昔は「蘭陽十二景勝地」の一つでした。 宜蘭市街区の約6キロメートル、礁渓郷竜潭村に位置して、交通は便利です。

  この湖の3面を山に囲まれ、面積は約17ヘクタール、 湖面は広くて、水深は4.5m程あります。 宜蘭に5つある名湖の内、最も大きな湖です。 

  湖の周囲地区は今でも原始の自然の特色を保ち、湖の周りを巡る道ゆっくりと散歩しながら、 ふと見ると両側の緑の木は木蔭を垂れて、チョウ舞い、数羽のサギは湖面をさっと飛び過ぎて、 静かな湖面に映る山陰を見ると、その美しさに感激します。

湖の近くは幾つかの廟の建物があります:龍潭寺は山の中腹の上に位置して、 湖の側から山道に沿って上ると、静かなお寺に辿り着きます。 ここから湖面全体を見渡せる景観を楽しむことが出来ます。 軒轅は黄帝の神の宮に環湖路に在る1本の分かれ道の上に位置しており、黄帝を教祖として献上しています。 潭福廟は湖南の端の遠くないところに位置して、主に開潭の聖王を祭って、 この廟の御利益は効き目があって、線香や蝋燭は絶えることが無く、村の人の信仰の中心となっています。

 

湖入り口にある案内板

 

 

入り口より湖(後方)を見る

 

潭湖

 

交通:

台北からは北迴線電車に乗り「宜蘭駅」で下車。宜蘭轉運站から國光バス龍潭站行き1783線バスを利用

最寄りの四城駅からのタクシー、バスは有りません

台北から葛瑪蘭バスまたは首都客運で宜蘭轉運站降車。宜蘭轉運站から國光バス龍潭站行き1783線バスを利用

 

 

 

GPS位置

  24°47' 31.80 N 121°44' 24.50 E
大きな地図で見る

 


Copyright © 2004 Karube@COM All Rights Reserved