宜蘭の旅 イベントカレンダー地図(ビデオ)宿泊施設お土産交通機関観光119サイトマップHOME

龍競艇は礁渓郷二龍村の二龍河で端午の節句にあたる6月に催されます。二龍河の「競渡」は台湾各地のボートに無い特徴があります。舟の長さが10m、巾が2.7m、船首に一対の麒麟、船尾に太極図が描かれています。一般のドラゴンボートのように船首に龍の首ないのが特徴です。

   起源は、かつて当地の先住民が平安を祈って河の神に捧げるお祭りだったということです。また、中国戦国時代の楚の宰相、屈原の不遇の死を悼み、入水自殺した彼の遺体を魚の餌食にさせまいと、何艘もの舟が捜索したり、水面を叩いたりしたことから始まったと言う説もあります。この時魚が遺体を食べぬようにまいた餌がもち米であり、ここから粽を食べる習慣が出来たと伝えられています。

  ダイナミックなレースを見るため、多くの方が訪れます。

 

GPS位置

24°48'35.67"N 121°47'21.68"E
大きな地図で見る

 

二龍競艇

 

交通:

台北から台鐵北廻り線の礁渓駅下車。 タクシーまたはシャトルバス112線利用
①台北から葛瑪蘭バスまたは首都客運で礁渓降車。國光客運濱海線の宜蘭または蘇澳行きに乗り礁渓で降車。タクシーまたはシャトルバス112線利用

 

 

 

 

 

 

 

 


Copyright © 2004 Karube@COM All Rights Reserved