宜蘭の旅 イベントカレンダー地図(ビデオ)宿泊施設お土産交通機関観光119サイトマップHOME

荖抗は、冬山郷と蘇澳鎮の境界に位置し、東と西からの二つの渓流が一つになってできた川によって形成された渓谷で全長約24km程あります。  昔、先住民は、この渓谷に砂金があると信じ、ゴールドラッシュが起こりました。 結果は、家財を使い果たし、無一文となったものがほとんどでした。

この地は、台湾語の発音 「ブーロアキー」から「武荖坑」と名づけられました。 “武荖坑の大きな石鼓;阿甘城娘”と称されている、武荖渓谷の森林は豊かで、清流の流れは激しく、奇岩が点在しし、延々と曲がりくねっており、独特の景観を呈しています。  また、泉の水が甘美なことから、“武荖林泉”の美称を賜り、また“蘭陽八景”の一つに選ばれています。 区内の草むらは緑鮮やかで、清流が緑に映える様は静寂の中にさわやかさを添えています。  更に、この地の渓流は流れが緩やかで、水も浅く水遊び、えび取り、ラフティングなどに最適です。 比較的に水の深いところでは、渓哥、石貼魚などが棲息する渓流釣の絶好のポイントでもあります。

渓流の両岸には、林が生い茂り、緑一色で覆われています。  美しい自然の景観と、豊富な生態環境、とりわけ鳥類と蝶類は、多くの人を魅了してきました。 渓流遊びやキャンプの人気スポットとなり、行楽客にとって、ピクニックや自然生態教室にうってつけの場所となっています。  また毎年春には、緑の博覧会もこの地で行われています。

 GPS位置

24°36' 45.21" N 121°48' 46.98 E


大きな地図で見る

 

 

交通:

台北からは北迴線の莒光﹑自強號列車に乗り蘇澳新站で下車。国光客運「羅東﹑宜蘭﹑頭城方面行き」に乗り換え東城站で下車。タクシー利用。
①台北から葛瑪蘭バスまたは首都客運で羅東降車。羅東駅へ向かって歩き駅手前を左折。線路に沿って150mほどで國光客バスターミナルが在る。南方澳行きに乗り武荖坑橋で降車。

②國光客運バスに宜蘭か羅東から乗り南方澳→武荖坑站下→由武荖坑橋で降りる。

  

 

 

 

 

 

 

 

 


Copyright © 2004 Karube@COM All Rights Reserved