宜蘭の旅 イベントカレンダー地図(ビデオ)宿泊施設お土産交通機関観光119サイトマップHOME

山の地名は、そこにある円形の小山から名付けられました。高さ数十mに過ぎない小山ですが、地理や歴史上では大変重要な意義を持っているとます。

2月に催される「燈節(ちょうちん祭り)」には、家族づれやたくさんの若者で賑わいます。  光のアーチをくぐり、夜店を巡って、台湾の味覚とお祭り気分を楽しむのも良いでしょう。

山頂近くにある、日本統治時代に宜蘭庁(現宜蘭政府)が員山に建てた宜蘭神社は、重要な祭典を行う場として利用されました。  また近年、員山公園の建設時に先住民の遺跡が発見されました。現在は文化遺跡として指定され、学者による正式な研究が進められています。

 員山郷行政区は面積111.9平方km、人口約3万1千人で、県全体の5.22%を占めています。 員山のふもとにある員山公園は員山最大の公園で、水遊び用のプールがあり、夏には多くの人々が訪れます。 公園には歴史の足跡を反映して作られた遊歩道、メインゲート、広場、アーチ形の橋、池などに、昔の趣が残されています。 公園の一角には戦車も展示してあります。また員山は台湾歌仔戲(民間歌劇)の発祥の地でもあります。

 また、公園の池は「員山温泉」のお湯(30℃)が使われています。道路側の池のふちに腰掛け、足湯が出来ます。

 

 

池の淵にある温泉の標識 小さくて目立ちません

GPS位置

24°44'44.60"N 121°43'17.47"E

 

公園内に展示してある戦車

 

 

員山公園

 

 

交通:

台北から北迴線電車で宜蘭駅下車。駅を出て左へ100㍍程行くとにバスターミナルがある。圳頭雙連埤方面行きバスに乗り員山公園で降車。

台北から葛瑪蘭バスまたは首都客運に乗り宜蘭轉運站で下車。 シャトルバス751線で員山公園降車。またはタクシー利用。

または國光客運の宜蘭行きに乗り宜蘭へ。バスを乗り換えて松羅、梨山行きに乗り員山公園で降下車

 

GPS位置

24°44' 42.85" N 121°43' 17.22" E
大きな地図で見る


Copyright © 2004 Karube@COM All Rights Reserved