宜蘭の旅 イベントカレンダー地図(ビデオ)宿泊施設お土産交通機関観光119サイトマップHOME

溪温泉の源泉は、礁溪郷徳陽村福崇寺の裏山で小川になり、道路に沿って流れ、線路をくぐり、太平洋へと注いでいます。

宜蘭県境の地質構造には特徴があります。それは地熱が断層地帯で熱気を上昇させ、地下水を熱し、それが地上のあちこちに温泉として湧き出ていることです。中でも、“礁溪温泉”は古くから有名な温泉で、台湾では稀に見る平地の温泉です。清代には、”湯圍温泉“として名を知られ、”蘭陽百景“の一つにも数えられています。昔も今も、住民はこの蒸気の上がる小川で沐浴を楽しんでいます。

礁溪温泉はアルカリ泉で、無臭透明、成分は塩化カリウム、硫酸ナトリウム、重炭酸カリウム、ほう酸、有機物及び流離酸等のミネラルを多く含みます。 この温泉に浸かると皮膚に光沢ときめ細かさが戻り、べたつきません。このことから“温泉中の温泉”とも言われています。温泉が皮膚病や胃病の治療に効果があることから遠方から訪れる客が後を絶ちません。 温泉トマト、温泉養殖うなぎ、温泉ミネラルウオーター等の特産物もあります。

駅前に足湯が出来る無料施設(写真右手)があり、電車を待つ人々の憩いの場になっています

 

湯圍温泉

  弱アルカリ性水酸化ナトリウム泉 / 湯温 60度 / PH 7.5

★ご注意:  台湾の温泉は入浴に際して水着が必要です。 「日式」と書いてある温泉は日本式の水着なしで入る温泉です

※世界でイタリアと宜蘭の蘇澳にしかない炭酸冷泉もお入りください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

礁渓温泉

交通:

北周り線の礁渓駅下車

 

台北から葛瑪蘭バスまたは首都客運で礁渓降車。

 

市内中心にある温圍溝公園を流れる川は温泉で、周りにたくさんの足湯が出来る憩いの場が提供されています。 

湯圍溝公園温泉(日式・檜湯船)

GPS位置

24°49'42.26"N 121°46'11.67"E


大きな地図で見る

 

 

森林温泉屋(日式・石湯船)

GPS位置

24°49'56.25"N 121°46'33.77"E


大きな地図で見る

 


Copyright © 2004 Karube@COM All Rights Reserved