宜蘭の旅 イベントカレンダー地図(ビデオ)宿泊施設お土産交通機関観光119サイトマップHOME

峰瀑布(滝)は宜蘭県礁溪にある有名な風景区の一つです。瑪蘭廳碑の中に”以形得名、五峰排列、如豎旗幟”(これはその姿から名が付いたもので、五つの峰の並ぶ様は、旗が立ち並ぶようである)と、書かれています。滝が五つの険しい峰の表を流れ下っていることから、”五峰旗瀑布”の名が付けられました。 

  三層からなる全長100mの滝は、下層が約20m、滝つぼの下流にいくつかの水たまりがあり、水遊びができます。 中層の滝は、岩壁を突き抜けて流出しており、高さ約30m。“滝観亭”があり、緑連なる山々を一望できます。上層の滝は狭い谷間からほとばしり、50mの落差を豪快に流れ下ります。 下層の滝は、五峰旗風景区の入り口に位置し、児童の水遊びコーナーも整備されています。

  五峰旗の水は清らかで、澄み切っています。週末になると大勢の人で賑わい、バーベキューや水遊びの声が弾む家族向けのレジャースポットになります。 五峰旗風景区には、他にも景色が美しく、静寂な景勝地が数多くあります。

  風景区の入り口近く、土地廟の祠わきのハイキングコースを登ると、一時間ほどで、五峰旗滝の源泉に辿り着きます。途中には何ヶ所も湧き水があり、そのほとりに小さなキャンプ場もあります。

 登山者が“五峰幽谷”と名付けたこの地の湧き水は、甘美で、多くの人が汲んで持ち帰ります。良いお茶をおいしい水で入れれば、相乗効果により芳醇で味わい深いお茶が楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

五峰瀑布(滝)

交通:

北迴線に乗り礁溪駅下車、五峰路を北に徒歩約3`

台北から宜蘭、羅東行きの國光客運の北宜公路または濱海公路行きに乗り礁溪協天廟前で降車、五峰路を徒歩約3`

台北から葛瑪蘭バスまたは首都客運で礁渓降車。タクシーで約12分

 GPS位置

風景区入り口(地図左上)

24°49' 54.23" N 121°44' 50.93" E


大きな地図で見る

 


Copyright © 2004 Karube@COM All Rights Reserved